今でも私の心の中でラジオの中核

私が昔好きだったラジオは、「超機動放送アニゲマスター」です。

 

文化放送で、現在「A&G 超RADIO SHOW?アニスパ!?」が放送されている枠で放送されていたアニメ&ゲームを取り扱った番組だったのですが、当時としてもかなり異色の内容でした。

 

スポンサードリンク

 

第3次声優ブーム真っ盛りの頃で、文化放送の土日の夜はアニラジ(アニメ関連のラジオ)ばかりという中で、その顔役とも言える番組だったと記憶しています。

 

まずメインパーソナリティからして謎のブッキングで、おたっきぃ佐々木氏(以下おた佐々)という当時文化放送のディレクターを務めていた人でした。

 

アシスタントは、菊池志穂、池澤春菜、豊口めぐみ、榎本温子、山本麻里安と、人気声優が代替わりしつつ務めました。

 

私が好きだった特集は、「ダニメ大賞」というもので、その期に放送されているアニメの中で、「ダメなアニメ」のトップを決めてしまおうというものです。

 

普通は業界的に色々配慮してネガティブなコメントは言わないのが常であるところに大胆に切り込んだ姿勢には度肝を抜かれました。

 

特集のスタートジングルにはガンダムZZの「アニメじゃない」がかかり、おた佐々の「こんなのアニメじゃねぇー!」というガナリから入るというキレッキレのスタンス、いつか業界のあちこちから圧力がかかって番組が急に終わるんじゃないかと若干ドキドキしていました。

 

実際はなんだかんだで6年半も続き、なかなかの長寿番組になったのですが。

 

おた佐々主導で番組の枠を飛び出した企画なんてものもありました。

 

文化放送のアニラジに出ている人ほぼオールスターで歌った「dream power-翼なき者たちへ-」という曲は、聞けば今でも当時のことを鮮明に思い出します。

 

その後、そのままの流れで後継番組のアニスパも聞くようになり、こちらもかなり好きなのですが、できればアニゲマスターのようなやんちゃな番組をまた聞きたいなあなんて思ってしまいます。

 

radiko録音ソフトの新定番!!『ラジオグラバー』

ラジオグラバーで最大20局までradikoを同時録音!

ラジオグラバーへの矢印


今でも私の心の中でラジオの中核関連ページ

子どものお迎えに行く車内でこのラジオを聴いています
いつもの運転席、いつもの道、いつも同じ交差点ですれ違うバス。人は時計を見なくとも、時間を感じ、操ることができると、目で見えないラジオの中のあの人のくことで思うことがあります。
なぜかAMラジオの方が好き
やはり音質の上では、FM放送にはかないませんが、内容的なものはAMの方が魅力を感じることができました。なぜか、AMは僕の中では、心が落ち着くものを感じています。
このアニラジが面白い・4選
アニメ関連のラジオ番組、または出演する声優がパーソナリティを務める番組をアニラジと呼びます。ネットラジオの普及により、リスナーをじわじわと増やすアニラジのおすすめ番組をご紹介します。
夫とラジオとの付き合いは、夫の病から
時には政治討論会を聞きながら、持論展開をしたり、時には、クラッシックを聞きながら、バイオリンの音に心を震わせたりと、ラジオは現在の夫の良き相棒のような気がします。
トラック運転手だった時の楽しみ
トラックでの配送の仕事をしていました。割と遠距離を走る仕事だったので、眠くなることもしばしばありました。そんな時いつも聞いていたラジオがあります。
大好きな長寿番組
何度も葉書を書いているリスナーの筆跡を林原さんは覚えていらっしゃるので名前を見ずとも誰からの葉書か分かるようで「よく葉書くれてるよねー」などまるで側にいるように話しかけてくれます。
お金がなくても楽しかったこと
テキストもとくに買うことはありませんでしたが、英会話学校にかかった高いお金に比べるとテキストを買ったとしてもはるかにお金はかかりません。
radiko(ラジコ)は欠かせません
ヘビーリスナーの域に入ると思うのですが、毎週欠かさずradikoで聞いているのでおそらくオードリーのANNなどは始まってから1度も聞き逃していないんじゃないかと思っています。
ラジオは気楽に聞き流せる友達
何か返答したりする必要もないから、頭をフル回転させて考えながら聞いたり、相手に反応を見せながら聞くという必要も無いので、とても気を楽にして相手の話を聞く気分にもなるのです。