このアニラジが面白い・4選

アニメ関連のラジオ番組、または出演する声優がパーソナリティを務める番組をアニラジと呼びます。

 

ネットラジオの普及により、リスナーをじわじわと増やすアニラジのおすすめ番組をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

・『浅沼晋太郎・鷲崎健の思春期が終わりません』

 

声優として活躍する浅沼晋太郎と、アーティストから司会業までこなす鷲崎健の二人がパーソナリティを務める番組です。

 

二人の知識量の多さ、そしてそれを生かす頭の回転の速さが魅力的です。

 

面白くてテンポの良いフリートークはもちろん、コーナー企画は突き抜けた良い意味でのバカっぽさがとても楽しめます。

 

まだ始まったばかりの番組なので今からでも定期リスナーになれます。

 

・『A&G ARTIST ZONE 鷲崎健の2h』

 

上記の鷲崎健が一人で務める番組ですが、やはりトークが面白いです。

 

一人喋りはもちろん、ゲストと絡んでも面白い話を引き出せる器用さは他に比肩しません。

 

リスナーから音源を募るコーナーでは、鷲崎健が豊富な音楽知識で時に真剣に、時にバカっぽく解説するテンポが絶妙です。

 

アニメ好きのみならず、音楽好きも楽しめる番組ではないでしょうか。

 

・『上坂すみれの乙女*ムジカ』

 

アーティストとしても活躍する声優上坂すみれの番組。彼女の無尽蔵のサブカル知識が最大の特徴です。

 

その知識量は聴いていてかみ砕く、というより押し流されるという感覚です。

 

圧倒的なトークの他、豪華なゲストも注目です。

 

先日は音楽雑誌「BURRN!」の編集長、広瀬和生が登場するなど、毎回飽きの来ない人選も話題必至です。

 

弱冠23歳の‘圧’を感じてみましょう。

 

・『洲崎西』

 

声優好きの多くが知っているであろう人気番組です。

 

声優洲崎綾、西明日香の二人の繰り広げるトークは「ノーガードの殴り合い」と称されるほど過激です。

 

どんな内容も気付けば下ネタに・・・なんて展開も、何だか女子校の休み時間を盗み聞いているような気分になります。

 

若手声優の域を超えた弾けっぷりは、アニラジの新たな領域と言っても過言ではないでしょう。

 

以上のラジオは、非常に密度の濃い内容が特徴です。

 

サブカルチャーとの親和性も高いアニラジだからこそできる内容なのではないでしょうか。

 

是非聴いてみてください。

 

radiko録音ソフトの新定番!!『ラジオグラバー』

ラジオグラバーで最大20局までradikoを同時録音!

ラジオグラバーへの矢印


このアニラジが面白い・4選関連ページ

子どものお迎えに行く車内でこのラジオを聴いています
いつもの運転席、いつもの道、いつも同じ交差点ですれ違うバス。人は時計を見なくとも、時間を感じ、操ることができると、目で見えないラジオの中のあの人のくことで思うことがあります。
なぜかAMラジオの方が好き
やはり音質の上では、FM放送にはかないませんが、内容的なものはAMの方が魅力を感じることができました。なぜか、AMは僕の中では、心が落ち着くものを感じています。
夫とラジオとの付き合いは、夫の病から
時には政治討論会を聞きながら、持論展開をしたり、時には、クラッシックを聞きながら、バイオリンの音に心を震わせたりと、ラジオは現在の夫の良き相棒のような気がします。
トラック運転手だった時の楽しみ
トラックでの配送の仕事をしていました。割と遠距離を走る仕事だったので、眠くなることもしばしばありました。そんな時いつも聞いていたラジオがあります。
大好きな長寿番組
何度も葉書を書いているリスナーの筆跡を林原さんは覚えていらっしゃるので名前を見ずとも誰からの葉書か分かるようで「よく葉書くれてるよねー」などまるで側にいるように話しかけてくれます。
お金がなくても楽しかったこと
テキストもとくに買うことはありませんでしたが、英会話学校にかかった高いお金に比べるとテキストを買ったとしてもはるかにお金はかかりません。
radiko(ラジコ)は欠かせません
ヘビーリスナーの域に入ると思うのですが、毎週欠かさずradikoで聞いているのでおそらくオードリーのANNなどは始まってから1度も聞き逃していないんじゃないかと思っています。
今でも私の心の中でラジオの中核
私が昔好きだったラジオは、「超機動放送アニゲマスター」です。第3次声優ブーム真っ盛りの頃で、その顔役とも言える番組だったと記憶しています。
ラジオは気楽に聞き流せる友達
何か返答したりする必要もないから、頭をフル回転させて考えながら聞いたり、相手に反応を見せながら聞くという必要も無いので、とても気を楽にして相手の話を聞く気分にもなるのです。